140話日陰


覚えてもないような、まして会ったことすらない人間に思いを馳せられるほど、俺は豊かじゃない

(悪いけど、今手元にいる人間を守るのに精一杯なんだ)